交通違反について押さえておきたい事

 

 

日本では道路交通法という法律があり、公道での違反行為を取り締まるもので、私有地における行為は対象外となっています。

 
道路交通法は公道での日本の国民の安全性を確保する意味で重要性が高く、さらに交通弱者に対してとくに安全性を重視したものです。
年々増加する交通事故のため、交通違反取り締まりに当たる警察官は厳しく違反を取る傾向が見られます。
違反で問題となるのは、違反を取られた人が、違反やそうでないかの議論となります。
例えば、信号無視をしたドライバーが、黄色で交差点に進入したから違反ではないと主張することや、一旦停止をしたしないの議論となることがあります。
現在は、インフラ設備の充実で公的監視カメラやガソリンスタンドやコンビニ店舗、コインパーキングに設置されているカメラなどが証拠となる場合があります。

 
しかも、警察官は免許証を照会することで、過去の違反歴を調べますので、まず違反が覆ることはありません。
そもそも、交通事故を未然に防ぐための行為であるため、安全速度で運転において防衛本能を持っていれば、違反取り締まりは避けることが出来ます。
違反はハンドルを握った時に自分の気持ちを抑えることで抑止できます。
違反を取られて腹を立てる人は事故への危険性が高いと言えるでしょう。